忍者ブログ
直感 を、信じてみようか。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FRCCってのがあります。


FRCC、ググると・・・フロント・ランナーズ・クライミング・クラブなんてのがヒット。


今言ってるのはこれじゃなくて・・・(笑)


んじゃあ、FRCC 富士 とかでググる・・・すると、


今度は「富士ロイヤルカントリークラブ」がヒットします(爆)


でもそこじゃなくてね(^^;


今書いてるのは、FRCC 富士ロードスターカップコミュニティ でございますよ。


富士スピードウェイで開催されているロードスターカップ(以下RSC)と言うレースがあります。


そのレースの参加者有志が集まって、RSCのウェブサイト企画運営や、


軽井沢ミーティングとかへ出向きRSCの広報活動を行っている団体であります。


え?営利目的?


いえいえ、非営利飛び越してサーバーレンタル料を始めガソリン代から参加費から、全部自腹です(笑)


減ってるんすよ。時代背景もあり、年々減り続けまくる参加台数。


これをなんとかしたくてね、やってるわけです。全盛期は今の3倍ですから。


参加してる側からすると、こんなに面白いことやってるのにこのまま衰退させちゃならん!


ただただ、その一途な思いがあるわけですね。


その活動資金、今後どうするのかな?


自腹で続けるのか、それともその思いに賛同してくれる出資者を募るのか。


そんなことを、こないだは話してましたね。考え方の上で難しい所だと思います。


協賛を得ると言う事は、結果を出さなきゃならんと言うこと。


しかしこんな活動に結果なんて・・・そうは出せませんので(笑)


だから結果(参加台数増)は知らんけどその志に共感&その活動に力貸すぜ!


って企業いたらいいですね(笑)


(ミーティングで認知度は増すけど目先の参加台数は増えませんし、でもやるべきことかと)


いやいや、無責任発言に聞こえたらすみません。


目先の台数増やす事より、今興味を持ってくれる人を増やす事で10年後20年後のモータースポーツ人口増加に繋げることを念頭においています。僕個人はね。


僕は僕でなにかしらやっていけたらなと思います。


起承転結って、モータースポーツにも当てはまりますからね。


起・・・きっかけがあって


承・・・なんかおれ結構いけちゃう?


転・・・それなりに戦いの場へ


結・・・終らない(爆)


結の、最後を迎えられないのは僕のせいじゃねーし、知らんし(笑)


まあそんあこんな頑張ってるFRCC。


僕もスタッフの一人だったのですが2週間ほど前、事情により脱退させていただきました。


新たに強力メンバーも加入したらしいので、


よりいっそうHEAVYなFRCCサウンドをオーイェイ!(違)


というわけで僕は関係ありませんが今後もよろしくです!


http://www.fcr-roadstercup.com/


・・・僕は関係ないので質問や要望や苦情、残念だけど資金協力も僕は受け付けません(笑


 


 


 


ん、レース本題は次回か。用は無いけどたぶん書きます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

PR


普通に書くとどなた様もこなた様もコキ下ろしているかの様に見えてしまう事が多いらしいので、

公開せずに眠っている記事がいくつもある山形です。んちゃ。



さて、先日富士チャンピオンレース第2戦が行われました。

が、

その前に一つ。



第1戦と第2戦の間に、

僕の富士チャンロードスターカップ(以下RSC)のレースカーである、

NA8Cクラス1号車のいわゆる車検がありました。継続検査ってやつ。

一般的に2年に一回、なんか知んないけど車預けてお金いっぱい取られるアレって言えばわかるかな?

僕の出場しているRSCはいわゆるJAF戦ナンバー付きと言われるカテゴリーの異端児的存在。

JAFナンバー付き競技の中では異端児であることは間違い無いと思うのですが、

RSC独自レギュ>JAF規定=保安基準(記載変更や改造申請無し)

この3つを満たしていることが条件となりますので、

なんの細工もせずに普通に車検に通るわけです。

なんかこう、走り系改造車って言いますと、

車検の時はハミ出したホイールを引っ込みに交換して、車高上げて、GTウイング外して、とか、

ヘタすっとマフラーノーマルに戻してとか、燃料絞ったりとか、空気吸わせたりとか(笑)

ヘッドライト装着したりとか(爆)

そういったイメージありますが、そんなことせずそのまま陸運局持ち込んで全く問題が無いんです。




 




あ、いや、クルマの内容の話しはOKでも、

ココでの撮影はNGだったかも知れませんが・・・どうだっけ?(笑

まま、第1戦終ったばかりだったんで、転がし&放置用捨てタイヤに履き替えたりもせず、

本番仕様そのまんまでいられたんでそんまんま車検通しました。

当然問題なしです。当たり前ですが。

いやなんでいまさらこんな事書いてるのかといいますと、

噂で聞いたのですが、RSCは違法改造車のレース、

・・・って触れ回っている方が居るとかなんとかでして(汗

困っちゃうなぁ、もう(^^;

クルマの法律には殆どの場合、数字、数値が伴っているのですが、

俺のクルマがNGでなんであいつらのクルマがOKなんだよ?と?

それを数値じゃなくて見た目だけで判断して勘違いされたとかだったかな?

そんな噂を聞きましたので、ちょっと真実に触れさせていただきました。

あくまでも数字なんですよ。

以前も上げたことがありますが、ここを参考にしてください。(参考じゃなくてこれが全てだけど)

道路運送車両の保安基準

国土交通省のウェブサイトの中にあるページで、常に最新の内容に更新されています。

よーく勉強して欲しいです。特に僕らじゃなくてね、裁く方の人ね。




 




さて、そんなわけで1号車、車検通しました。

実は行き場がなくなりかけてた1号車。

あの時車検切れて1ヶ月経過してた1号車。

自分でも何がしたいかどうしたら良いかわからなかったけど、

やっぱりコイツをレースの現場に戻してやりたいっ!

そう思ってRSC仕様でっち上げて、車検通したあの日からもう丸2年経ったんですね。

早いもんです。

復帰後、8戦消化。

第1期 4戦(2008)

第2期 6戦(2009後半~2010)

第3期 8戦(2013年後半~)

実は過去の参戦回数とか大幅に超えている事なんてもはや誰も気にすらしていません(笑 

ほんと、オッサンなると時間経つの早すぎて(^^;




あれ?何故か昔話気味に?

あー、やだやだ。




僕らには、今の話、そして、未来の話、がある。

・・・はずなので、頑張ろう(笑




次回「本題」に続く。




たぶん、いつか書く。







































ご無沙汰しております、メガネかけたらマイクロソフトさんに58歳認定された僕です。
メガネ外して上向いて光当てて無理に表情作ると37歳まで誤魔化せました。
実際は58と37の真ん中の、ちょっとだけ37寄りです。
お暇な方どうぞ。


□□□



つか他で下書きして貼り付けたら、改行とか行間とかメチャクチャだぁ。
これやってられんわ、修正したけど修正しきれないし環境でどう見えてるのかわかったもんじゃない。
不本意だけど残しとく。


報告遅れましたが、先月4月18、19日、今年も富士チャンピオンレース開幕となりました。
僕らが出場しているのはその中のロードスターカップというカテゴリー。
例年通りですね。
ロードスターカップは二日目の19日に予選/決勝が行われました。


□□□





 



予選前のヒトコマか?


遠近法完全無視したデカイツラが僕ですね、ほぼマウンテンゴリラ。


NA8クラスカーナンバー1 
大山ベリーアクレMotyNA8
ドライバー 俺
予選クラス2位、総合3番手に沈む。

 
負けた。
ライバルである、参戦6年目の88号車。
6年間ずーっと進化し続け、とうとうNA8クラスの初ポールポジション獲得!
今やNA8クラスは総合でもNB8クラスと戦えるまでに進化しています。
今回のこのNA8ポールは、総合でもポールポジション。やりやがった。
総合2番手は心のライバルNB8クラス11号車。


3番手が僕。NA8クラス1号車。
4番手にはNA8クラスには今年から本格参戦となる0号車ケンオート小原さん(去年NCオープンクラス全勝チャンピオン)。

TOPNA8からこの直接ライバルである4番手NA8まで0.305秒差という僅差。
1周4.5kmもあるんだよ?4.5km走ってきてコンマ3秒差。

 
その中に4台・・・凄い僅差だねぇ。
ロードスターカップ、全盛期と比べると半分以下の参加台数となってしまっていますが、
なんのなんの中身は進化し続けているんです、結構濃いっすよ。




□□□







決勝。
あーあぁ、総合3番手という順位に動揺したのかずいぶんヘッタクソに枠ハミ出して止まってますね、僕。


まあここはダミーグリッドなのでご勘弁。正式は真っ直ぐ止めますから。
さてここからフォーメーションラップ1周して正式グリッドにつきます。
みんな揃ったら、レッドシグナルが一つずつ点灯し始め、5個点いた後、ブラックアウト=スタート!


僕の1号車は、1速で上手くトラクションがかかり、その後の加速に繋がって1コーナーまでに2番手浮上。


1コーナークリア~AコーナーまでTOP88とサイドバイサイド!
そのまま並んでAコーナー進入して場所取り合戦!・・・は、せず(笑)
そーっと引いて次の機会をうかがいます。(並んで入る自信ないし)


A~100R~ヘアピンとクリア、そして次の展開を組み立てようとしたところで・・・
あーあ、やっちまったよ痛恨のシフトミス。


ヘアピン立ち上がりで3→4の所を、
3→4入んね→4入んね→4入んね→やっと入ったぁ!←2速にな。


お詫び
オープニングラップの混戦の中、シフトミスによるエンジン急ブレーキをかけてしまい、
下手すると多重クラッシュの原因となる危険を作ってしまいました。
上手く避けていただいた皆様ありがとうございました。_




一瞬5番手転落・・・このあたりからレース中の記憶がところどころありません(笑)






シフトミスしたのは覚えてたけどそれがどこでかは覚えてないとか、ファイナルラップかと思って気が抜けたところもう一周あったとか、そんな感じ。


あとは下のほうで紹介します車載映像をご覧ください。














決勝結果はクラス別になっていますが、Total Timeってとこよく見ると全体の順位がわかります。
僅差ではありましたが無事総合TOPにてチェッカーを受けることが出来ました。
総合、って言うカテゴリーも表彰もありません。あくまでも3クラス混走なだけなんですが。


でも、今このレースに出ている以上、個人的にはどうしても拘りたいところなんですよ、そこは。
レギュレーションでも3クラスの実力が近づくよう、車輌最低重量に差を持たせています。

NA6 120ps 930kg 5速
NA8 130ps 980kg 5速
NB8 145ps 1020kg 6速(NB1)
NB8 160ps 1050kg 6速(NB2以降)

(NB8は前期後期で差を持たせていますが同一クラス、ホントはNB6クラスもあるんだけど参加台数ゼロなのでカツアイ

こんな感じです。どうぞ総合順位にこだわって勝負してくださいな、ってことでしょ?(笑


これで同一銘柄同一サイズのタイヤで走ってますんで、いろんなところでいろんな差が生まれます。


ちかごろNB後期方面からは、「あのー、ちょっと重たいんですけどー(^^;」ってぼやきが出始めてる様子。


僕もNB前期/後期を統一して1020kgで良いと思ってます。


もしかしたらそろそろ見直しの時期が近づいてきているのかもしれませんね。


そういえば一度隠居する前の2010年、それまでまったく異次元だったNB勢に急に付いて行けるようになったきっかけがありましたっけ。







NAvsNB、両者の性能/性格の差を埋めたのは、実はこいつでした。

 
さて、そんなロードスターカップですが、早くも今月17日(日)には第2戦が開催されます。

観戦お待ちしております。そして出たくなったら出ちゃいましょう~!

□□□



車載映像の件。
参加者有志により結成されましたFRCC(富士ロードスターカップコミュニティ←僕もその中の一人)
により企画運営さてれているロードスターカップのウェブサイトがあります。




富士チャンピオンレースの車載映像は、本来公開が禁じられているのですが、
あくまでもロードスターカップの振興が目的ということで


このウェブサイト内においてのみ閲覧出来るようお許しをいただいております。
車載映像のみならず、今回の開幕戦のギャラリー集、レースダイジェストも出揃いました。
あわせてお楽しみくださいませ。


FRCCでは参戦している皆様の車載映像を募集しています。

僕だってあんなヘッタクソなのに勢いだけで勝っちゃったような映像すんげ恥ずかしいんですってば(笑

外からは知りえないことを見てもらえることで少しでもこのレースに興味を持っていただけたらなと公開しています。

どうかよろしくお願いします。




そして外撮りはおなじみのこちらです!
この方の取り組みにはホント感謝感謝です。
出場している個人的にも毎回楽しみで仕方がありません。
ぜひご覧くださいませ。
僕の出てるところ直リンクしちゃいます(^^




□□□




最後になりましたがレース参戦にあたり毎回毎回沢山の応援お手伝いの方々やメーカー様にはお世話になっています。


たかが8周スプリントとは言えども、レースは一人では出来ません。
いつも本当にありがとうございます。
お力添えしていただけた皆様


ガレージベリー(Fバンパー、サイドステップ、リアバンパー、インテークファンネル)
Moty''s(エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキフルード)
acre(ブレーキパッド)
JOYFAST(イノベーションマフラー57)
ATS(クラッチ、LSD)
大山オート
ACCESSROAD Racing Team
S24さん
だーよしさん
FRCC
(順不同敬称略)
その他友達やライバルやそーっと来て応援してくれている人(笑)
そして、富士チャンピオンレース開催運営に関わっている全ての皆様

今回も、ありがとうございました。










































レインタイヤとしてRE71Rを用意しないという協定を結びました。





NA8クラスの参加台数が4台と少ない上、

全員が知ってる顔(つか、お友達)でしたので話をあわせました。

僕は持ってるんです、71R。

でも僕が使うとライバルは追従しなければなりません。

またタイヤとホイール4本増やさなければなりません。

なので今日、NA8参加の、0号車、81号車、88号車と連絡を取ってみたところ、

うんうんやめようよ、無しでやろうよ、ということになりました。

唯一意見が違っていたのは0号車小原さん。

「レインタイヤ?そんなの考えた事ないですよ」

さすが、男の中の男です(笑)

ま、そんなわけで今回NA8クラスは事実上クムホV700ワンメイクとなります。




誤解の無い様に・・・

クムホユーザーがわざわざレインタイヤとして71R用意し持ち込まないという協定です。

・「ドライもウェットもかんけーねー!俺は71Rで行くぜ!」は協定外。

・あくまでも自主規制です。レギュでは認められてますので裏切っても問題なし。

・今回のNA8Cクラス4台のみの紳士協定です。他クラスに言及するつもりは全くございません。

・今後の新規参戦者に強要するものではありません。あくまでも自主規制です。

・NCクラスはそもそもクムホNGなので事情が違いますので全く関係ありません。(意見は歓迎)

・様子を見て、状況次第ではこの協定はいつでも破棄します。その権限は全員にあります。

・目的は、コスト増による台数減少を防ぐため。他意はありません。






何これ?何このやっつけブログ?って思った方。

ええ、書いてた長文消えたんでこんなやっつけ・・・(略




















駄文



どうも(^^

今年中に書いとかなきゃとあせって書き始めてみる(笑

レース当日、ツイッターやfacebookではつぶやいていましたが、

僕はとりあえず普通にチェッカーを迎えていましたがレース中に大波乱がありまして、

こりゃあ正式結果出るの夜になるんじゃないかと(汗)

そんなことをつぶやいたのを最後に、レース結果報告すんのすっかり忘れる始末。



とゆーわけで今さら感しかありませんが、2014富士チャンピオンレース最終戦、

ロードスターカップ参戦記のようなものを書いておきたいと思います。



□□□



朝。

寒いよ、いきなり。

誰だよ暖冬だとか抜かしてたやつは(^^;



(今回の画像は全てだーよしさん提供でお送りいたします(笑))

富士山キレイでした。




2シーター3台でお越しのお手伝い要員の皆様。

いつもありがとうございます。






今回からHANSなんて物を使い始めました。



ヘルメットの下にあるやつね。

ヘッド アンド ネック サポート の頭文字とってHANS。

100km/hくらいのスピードで走っているクルマがコンクリートウォールに刺さったとする。

当たり方によっては、その瞬間100が0になる。

身体は6点式レーシングハーネスで固定されていますが、頭部はフリーなんすね。

だからクラッシュの瞬間、頭部だけどっか行こうとしちゃうんです。

人の首はこの衝撃には耐えられません、頭部を保持出来ません。

だからその瞬間とんでもない事になっちゃうんです。

HANSは、そんな時に身体と一緒に頭部を支えてくれる装備です。

ロードスターカップでも3年後から義務化されますが、何もそんな義務待つことありません(笑)

自分のため、レースを共有しているみんなのため、友達のため、家族のため、ネコのため(笑)・・・

是非、HANS装着を!

足周りの部品一個壊れてコントロール不能になっただけで、ドライバーは役立たずですから。



さて予選です。

なんの作戦も立てず、たまたま並んだ順でコースインしたら・・・



これアウトラップですね、後ろのこわーいお兄さん方にロックオン!(笑)

路面温度低過ぎてみんな後半勝負かと思ってたら1周目からガンガンっすね!

アタックの邪魔しちったかな?1周目にすぐ譲ったから大丈夫だと思うけど(^^;

みんな先行ってもらってクルマゆっくり暖めて、僕もアタック開始~

したら、ポールとれた(^^



画像があらわす今年の変化。

総合ってカテゴリーも表彰も無いんだけど、でも各クラスごとの参加台数が少ないのもあって

どうしても総合を争う流れとなっている昨今でございます。

その中で上位を占めていたのはやっぱりNB8だったわけなんですが・・・

今年は第3戦でNA8がフロントロー、そして今回はなんとTOP3がNA!

しかもNA8、NA6、NA8ときたよ、おーい(笑

しかしホント僅差なんで今後いくらでもひっくり返りますね。

予選結果こちら

いやいや(汗

どんだけ~(ふるっ)




で、レースの流れなんですが・・・

こちらでどうぞ(笑)↓

JOYFASTさん①

JOYFASTさん②

JOYFASTさん③

FRCC

MZ Racingさん

(アップ順)

うっはー、手抜きもいいとこですか?(笑)デモオレヒトツカイテルシモウイイジャン(ワラ

どれ見ても内容的には似たことが書いてあります、だってこうだったんだもん(汗

救いは誰一人怪我しなかったという事でしょうか。

決勝結果こちら

私の知る限り、実は、ペナルティ取りきれなかった模様・・・うん、ありゃ無理だ(爆

なんともまあ荒れたレース結果となってしまいました。

しかし誤解しないでいただきたいことひとつ。

SC解除後、そこで展開されたクラスを超えたバトルは素晴らしいものでした。

いや、本当に素晴らしいバトルが始まってしまったため、僕は単独抜け出しに成功(笑)

チェッカー受けるまでコースレコード狙ってマジアタックしてました。

レコード、出なかったけど(TT






悲喜こもごも。。。



□□□



さて、時系列アレですが、すでに記事に上げてますとおり最終戦以降に日光サーキットと

鈴鹿サーキットを走っています。

鈴鹿、聞きしに勝るエキサイティングなコースでしてホントに楽しめました。

幾つものミニサーキットを繋げ合わせたような、バラエティに富んでいて面白かったし、

当然僕程度では一回では攻めきれていなくて、通って攻略したくなりました。

いろんな意味での環境も、素晴らしかったです。

しかし反面・・・実は、同時に僕としては意外な事を思ってしまいまして。

「あれ?もしかして富士の方が難しくね?」、って。

いやいや鈴鹿一回走ったくらいで何言ってんのおまえ?ってしかられそうですが(汗

少なくとも富士って、ムダに長過ぎるストレートがあるから誤解されやすいと思うんです。

ですが、あそこ、すんごいテクニカルなコースですよ。

まあ当然あんなコースですから、パワー上げちゃえばどんどんタイム出るでしょうから、

コレはローパワーなワンメークカテゴリーを走っている者ゆえの感想かもしれませんけどね。

初めて走る人がまずぶち当たる壁は、殆どのコーナーが上下左右のブラインドであること。

しかしそれを置いといても通いなれた僕からしてもまだまだ難しいコースです。

富士でロドBAKAみたいなのできたらいーなー♪コーンズサンヨロシク(バク

鈴鹿もいいけど富士もオススメです。機会あったら是非!



□□□



さーて、来年どーすんの?とか聞かれることがたまにありますが、僕の今の目標は、

「継続」

ですよ。

「継続」が、いちばん難しく、大変なことなんだと思ってます。

今のところ富士チャンは年間4戦での獲得ポイントでシリーズチャンピオンを決めますが、

それが10年での獲得ポイントで決めるとなったらどうでしょう?(笑)

いやいやまさかそんなことはありえないけど。

1年で4戦戦って、全勝して得られるポイントは80ポイント。

今年勝っちゃったからってやめちゃうとコレしか獲れないんですよ。

でも1回も勝てなくても、毎回3位12ポイントを10年獲り続けたら・・・

480ポイントですね。

80対480じゃ480の勝ちですよ。

当然そのまま比較すんのはオイオイって思いますけど(笑)

その差400ポイントの経験値って、文字通り経験しないとわからないところだと思います。

このムダに長い文章をまとめると、「継続は力なり」。

40代半ばにして、今自分の中からこの言葉が形成されていることを感じてきました。

金銭的な面でとうの昔に心は折れてるんですが、なんとかやり通した2014年でした。

今後、「頑張ります」としか言えないです。頑張ります(笑)







はいはい、言われなくても頑張ってますよ(笑)



□□□



最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

長いとかモンク言う人、気に入らないと思った人、読んでくれってお願いした事無いですよ?(笑)

好きでやってるだけですよ。




ロードスターカップ復帰後NA8クラス6戦6勝できました。

そして何よりも今年4戦のうち後半2戦で総合優勝(ってカテゴリー無いけど)出来たことが、

僕にとって、やっと優勝できた、って感じです。

今や総合狙わないと、NA8クラスの優勝は難しいと思います。してやったりです。ザマーミロです。

とか言いつつ、同じクラスのライバルの成長にお尻に火が点いたのが一番の要因かと。

やはり直接ライバルあっての成長でした。




そんな、1戦1戦は僕のわがまま、かと思います。

そしてシリーズチャンピオンは、そんな僕にお力添えしてくれた皆さんの物。




(シリーズ撮影の置物届いたら後でココに画像入れるね♪)




お力添えしていただけた皆様

ガレージベリー(Fバンパー、サイドステップ、リアバンパー、インテークファンネル)
Moty's(エンジンオイル、ミッションオイル、デフオイル、ブレーキフルード)
acre(ブレーキパッド)
JOYFAST(イノベーションマフラー57)
ATS(クラッチ、LSD)
大山オート
ACCESSROAD Racing Team
S24さん
ぱんだくん
カトーさん親子
だーよしさん
FRCC
(順不同敬称略)
その他友達やライバルやそーっと来て応援してくれている人(笑)

そして、富士チャンピオンレース開催運営に関わっている全ての皆様。





今年も一年、ありがとうございました。

んじゃまた来年!











追記
本文中で、してやったりザマーミロ とか書いてますが、あれはNA8クラスはザルなので出れば公式戦で結果出せるぜ的な風潮ってゆーか現実をぶち壊せたことに対してですので誤解の無いようお願いします。ザマーミロ




































































































忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/25 やまがた]
[08/24 銀ミラAO]
[08/24 やまがた]
[08/23 そえっち]
[08/23 やまがた]
プロフィール
HN:
やま君
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/03/30
職業:
ロードスターの健康管理、治療、体力増強・・・を、する人。
趣味:
セッティング
自己紹介:
NA型ロードスター専門です。
専門なのにまだよくわかってませんが(笑)

車を「意のまま」に操れるようになるのが目標。
終わりが訪れないのはわかり切ったことです。よね?(笑)

ブログ内検索
カウンター
うっかりひとりごと。。。